<   2006年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧
第10回TBでボケましょう2006
すごろく参加後、すっかり冬眠ならぬ秋眠しておりましたら…なんと!



第10回TBでボケましょう2006電撃スタートしてました…!!!




つーか、11月19日の夜に第9回のチャンプが発表になったばかりだというのに、ぢぇみにさん開催早すぎ。(^^;)






しかも、お題は…






========================


「脱獄不可能」と呼ばれる警戒厳重な刑務所。
その牢獄に長年繋がれている謎の人物の正体とは!?



========================





むむむ。
これは、私得意の開催元イジリには格好のネタですな(爆)




身柄を拘束され、「路頭に迷ってもいいのなら、出て行っていいよ」という切り札をちらつかされ、脱獄も出来ず涙ながらに服役するぢぇみにさん
涙はどうやら枝雀師匠の芸を観て笑いすぎで出たらしく…(こちらを参照のこと)



……って、これじゃ事実を書いたまでなので、つまんないですねぇ。(ぉぃ)


それじゃ、前座はおいといて、本編いってみまーす!





========================


「脱獄不可能」と呼ばれる刑務所…


それは、アメリカ合衆国にある。


1800年11月に約8年の年月を費やして完成されたこの建物は、1814年に米英戦争でイギリス軍の焼き討ちにあい、石の外壁を残して消失。1817年に、焼失前とほぼ変わらぬ姿に再建された。
その後、増築や解体改装工事は行ったものの、現在までその姿を保っている。


一見、刑務所には見えない。広々とした庭もあり、まるで宮殿のようである。食堂から診療所に至るまで、外へ出なくてもすべての用が足りるようになっている。図書館から博物館まであり、もちろん囚人との面会用の部屋もある。
しかし、自由なように見えて警備はまさに「蟻の這い出る隙間もない」ほど完璧である。脱獄など、到底不可能だ。


ここに身柄を拘束される囚人は一人。ただし、実質その家族も収容されることになる。非常に特殊な服役の形を取っているのだ。
当然収容される囚人の生活も、一般にイメージされる刑務所での生活とはかなり異なっている。一見、何不自由なく悠々と生活しているように見えるのだ。「本当に服役中?」と首をかしげたくなるほどである。


しかし実際には、衣食住は完璧に保障されるものの、すべてが監視つきである。
しかもほとんど分刻みで仕事のスケジュールが設定されている有様だ。


電話もどこで盗聴されているか全くわからないから、めったなことはしゃべれない。
面会も、誰に会うかは自分では決められない。苦手な相手、嫌な相手が現れたとしても、にこやかに相手をせねばならない。ただし、相手に釘を刺さねばならない時もあり、その辺の見極めもちょっとでも失敗すれば大変なことになる。
マスコミも監視の目を光らせていて、何か起これば尾ひれはひれをつけて大騒ぎするので、言動に十分注意を払わなければならない。


刑務所の外へ出て仕事をすることもしばしばで、外国へ行くことすら多々ある。しかし、専用の飛行機や自動車で移動し、必ず将校クラスの者が側について回る。
一旦外へ出てしまったら、一歩間違えばどこでも命を狙われる可能性がある。そのため、外での仕事中の警備はことのほか厳重だ。当然、脱獄のチャンスなどない。


この刑務所に服役中の囚人は大変な権力を持っているように見られがちだが、実際には何をするにも顔色を伺わねばならない「看守」がたくさんおり、実は自分の意志で出来ることは数えるほどしかないのではないかという疑惑すらかけられている。そこまでではないにしろ、看守を無視して自分の好きに振舞えないことは言うまでもない。


この刑務所に収容された者は、1800年以降全部で42名。うち8名が服役中に死亡している。
服役期間は最短で1ヶ月(服役中に死亡したため)、最長で約12年となっているが、4年~8年という刑期がどうやら一般的なようである。


現在、収容されている囚人は2001年から服役中なので、長い方であろう。
父親も収容されていたことがあるという、珍しいケースである。


この囚人の正体は…




この人



========================



■□■□■□■【トラバでボケましょうテンプレ】■□■□■□■□■
【ルール】
 お題の記事に対してトラックバックしてボケて下さい。
 審査は1つのお題に対し30トラバつく、もしくはお題投稿から48時間後に
 お題を出した人が独断で判断しチャンピオン(大賞)を決めます。
 チャンピオンになった人は発表の記事にトラバして次のお題を投稿します。
 1つのお題に対しては1人1トラバ(1ネタ)、
 同一人物が複数のブログで1つのお題に同時参加するのは不可とします。

 企画終了条件は
 全10回終了後、もしくは企画者が終了宣言をした時です。

 参加条件は特にないのでじゃんじゃんトラバをしてボケまくって下さい。

 ※誰でも参加出来るようにこのテンプレを記事の最後にコピペして下さい。

 企画元 毎日が送りバント http://earll73.exblog.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



…てか何とか白い刑務所から出してあげる方法はないかねぇ、この人。
これ以上いると、どこでまた戦争起こすかわからんし(汗)


え?前座の方が面白い?そりゃ失礼しましたm(_ _)m
[PR]
by ho_neko | 2006-11-26 23:30 | TB企画・反省文



ドイツ在住。日常生活で見かけたものごとから、TB企画等への参加までを扱うお遊び専用ブログ。このイラストは「猫の小手先」さんからお借りしました。
雨降って蛙になる。(ぇ


この千社札はぢぇみにさんに作ってもらいました。
ありがとうございました!
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
チャンプを決めるという重..
from こんなときどうしたらいい?~..
「トラバでボケましょう ..
from 極秘計画資料室 [Jemin..
トラバでボケましょう 2..
from カツオくんは永遠の小学生。
未来写真館。
from カツオくんは永遠の小学生。
しつこく占ってみました
from 北の夢想科学小説
検索
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

[PR] 投資