<   2007年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
帰ってきたTBリレー小説 『Peach Boy Episode2』 第24話。
ただいま4元中継でお送りしております『Peach Boy Episode2』。
話はどんどんややこしくなる一方なので、せばさん「帰ってきたTBリレー小説 『Peach Boy Episode2』 第23.5話―分かりたいあなたのためのまとめ。」を作成してくださいました。素晴らしいまとめですので、ぜひご一読下さい。

「帰ってきたTBリレー小説 『Peach Boy Episode2』 第23話。」は、鬼が島よりうぐ太記者のレポートでお送りいたしましたが、こちら再びIKPO(インターケンネルポリ構)本部よりお送りいたします。


================================



「訓練学校時代を思い出すなぁ・・・」



ネルはしみじみと小箱から犬笛を取り出した。
そう、この笛の「ピッ ピー」という音が聞こえたら、どんな状態で何をやっていても、司令官の下へ駆けつけなくてはならない。それが条件反射として身につくまで、徹底的に叩き込まれた。つらかった訓練も、今となっては思い出となりつつある。
「犬Kの行方を探知しているはずのシステムが、機能していないなら仕方ない。これで犬Kを呼び出そう。」
ネルは笛を口にくわえ、短くきっちりと、犬Kを呼び出す合図の音を鳴らした。



ピッ ピー






ドドドドドド…



遠くの方から、足音とも地鳴りともつかないような妙な音がして、ネルはぴんと耳を立てたのだが…



バタンッ!!



「ネル、お呼びですかっ!?」



見れば、IKPO(インターケンネルポリ構)本部に勤務中の犬のおまわりさんが全員揃っているではないか。


「そ、そうかっ!この犬笛で合図すれば、犬Kではなくすべての警察官がここに駆けつけてきてしまうんだ…!」



ドドドドドド…



「ネルも木から落ちる」とはよく言ったもので(←言わない気もする^^;)、迂闊にも条件反射が警察官全員の身についていることを忘れていたネル…。



ドドドドドド…



そう、今や世界中の「犬のおまわりさん」が、IKPO本部を目指して猛ダッシュ。
地球上は大変な有様になりつつあった。



そして…


「ネル、お呼びですかっ!?」



「ネル、お呼びですかっ!?」



「ネル、お呼びですかっ!?」




近い方から続々と到着である。IKPO本部に、大変な数の犬のおまわりさんが集結しつつあった。




ところで。
実は同じ頃、犬のおまわりさん達以外にもIKPO本部を目指している者がいた。
そう…鬼婆の放った刺客である。
桃太郎を倒しに行く刺客と、ネルを倒しに行く刺客。無事に任務が終了した暁には、東京で合流し、ごまたまごと東京バナナと草加せんべいを買って帰るよう、鬼婆にきつく言い渡されていた。こうしてネルを倒しに行く刺客は、IKPO本部へ向かったわけだが…



ドドドドドド…



何の前触れもなく、突然足音とも地鳴りともつかないような音が聞こえ始めた。

「な、何だ…!?」



ドドドドドド…



辺りを見回す刺客。音はだんだんこちらへ近づいて来つつある…!!!



ドドドドドド…



「……!?い、犬だっ!!!」



ものすごい数の犬の集団が、大型犬から小型犬までそろって、こちらへ向かって走ってくるではないか!!!



ドドドドドド…



「うわぁっ!た、助けてくれぇ~!!」



絶叫も空しく、刺客に犬のおまわりさんの集団が襲いかかる…!!!
というより、おまわりさん達は実は刺客など目に入っておらず、まっすぐIKPO本部を目指しているだけだったのだが。


結果として不慮の事故により、ネルに放たれた刺客はあっけなく踏み潰されてしまったのであった…。


                                 (おそらく第25話に続く)

================================


世界中の犬のおまわりさんがIKPO本部を目指す中、すでに飲んじゃってる犬Kも果たして駆けつけられるのか?
刺客を放たれた桃太郎はどうなるのか?
他の記者さま、レポートお願いしまーす!


☆★☆★☆★☆【TBリレー小説テンプレ】☆★☆★☆★☆
【ルール】
 前の人の記事と企画記事
 http://earll73.exblog.jp/5344230
 にトラックバックをして小説をリレーして行って下さい
 1話の長さは無制限ですが、あまり長くならないように
 連続でなければ何度書いてもOKです
【小説連載期間】
50TB(50話)で完結
もしくは、72時間以内にTBがつかなければ即打ち切り

※このテンプレを記事の最後にコピペして下さい

企画元 毎日が送りバント http://earll73.exblog.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
[PR]
by ho_neko | 2007-05-13 08:53 | TB企画・反省文
帰ってきたTBリレー小説 『Peach Boy Episode2』 第21話。
このお話は「帰ってきたTBリレー小説 『Peach Boy Episode2』 第20話。」 by Everything in Life is Only for Nowさん の続きです。


話はただいま二元中継で進んでおります。頭がこんがらがりそうな気がする方は、もう一度第1話から念入りにお読みくださいませ。


================================



♪ ト~リクッケさん トリクッケさん
  お腰につけた 稲荷寿司
  ひっとつ~ わたしに下さいな

  や~りましょう やりましょう
  これから孫の敵討ち
  ついていくなら やりましょう

  行~きましょう 行きましょう
  あなたについて どこまでも
  家来になって 行きましょう ♪




という童謡の歌詞の通り、猿のトリクッケは桃太郎を家来にして、孫の敵討ちに鬼が島へと出発したのであるが…



「ところで、鬼が島とは正確にはどこにあるのじゃ?」

「じ、実は…その、ですね…」 トリクッケの質問に、小さくなってもごもご言っている桃太郎。

「???」

「僕はその…方向音痴でして…」

「…まさかお前、一度行った鬼が島への行き方を、すでに忘れたとかいうつもりじゃあるまいな??」

「…そのまさか、なんです…_ _;」


パカァ~~ン!


2発目の草鞋張り倒し炸裂!!


「まったく、これだからいまどきの若いモンは!!記憶力の低下ぶりときたら、嘆かわしいかぎりじゃ!」

「す、すいません…」

「お前、前回は一体どうやって鬼が島へ…?」

「じ、実は…ケンケンの鼻を頼りに……お、鬼のにおいを嗅いでもらって…」

「なるほどのぉ。つまるところ、前回の鬼退治もお供さまさまであったというわけじゃな。」

「ハイ…その通りです。」

「まったく…お供がいないと鬼が島にすらたどり着けないくせに、主役気取りとはいい気なものじゃ。少しは身の程をわきまえよ。」

「…も、申し訳ありません…」

「鬼が島は伝説の島、行き方を書いた地図などこの世に存在せぬ。お前の記憶があてに出来ないとなると、ここで頼りになるのは…」

「…ケンケンの双子の弟、犬Kの鼻…?」

「…やはりそうなるの。桃太郎よ、これは土下座してでも犬Kに頼まねばならぬ時が来たのではないか?」


1人で鬼が島に行こうなど、とんだ思い上がりであった。何一つ1人では出来ない自分を、痛いほど思い知らされた桃太郎なのであった…。


                                (第22話に…多分つづく)

================================


えー、ケンターキー店の方の状況はどうなりましたでしょうか。
ずくなしさん、もしくは他の記者さん、応答願いまーす!(笑)


☆★☆★☆★☆【TBリレー小説テンプレ】☆★☆★☆★☆
【ルール】
 前の人の記事と企画記事
 http://earll73.exblog.jp/5344230
 にトラックバックをして小説をリレーして行って下さい
 1話の長さは無制限ですが、あまり長くならないように
 連続でなければ何度書いてもOKです
【小説連載期間】
50TB(50話)で完結
もしくは、72時間以内にTBがつかなければ即打ち切り

※このテンプレを記事の最後にコピペして下さい

企画元 毎日が送りバント http://earll73.exblog.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
[PR]
by ho_neko | 2007-05-09 07:46 | TB企画・反省文



ドイツ在住。日常生活で見かけたものごとから、TB企画等への参加までを扱うお遊び専用ブログ。このイラストは「猫の小手先」さんからお借りしました。
雨降って蛙になる。(ぇ


この千社札はぢぇみにさんに作ってもらいました。
ありがとうございました!
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
チャンプを決めるという重..
from こんなときどうしたらいい?~..
「トラバでボケましょう ..
from 極秘計画資料室 [Jemin..
トラバでボケましょう 2..
from カツオくんは永遠の小学生。
未来写真館。
from カツオくんは永遠の小学生。
しつこく占ってみました
from 北の夢想科学小説
検索
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

[PR] 投資